医薬品と比較しユーグレナを知る

ユーグレナってダイエットに効果があるの?

医薬品と比較しユーグレナを知る

ユーグレナ関連商品をはじめとする「いわゆる健康食品」と「医薬品」の違いを比較すると、私たちがどのようにユーグレナ関連商品に接するべきかが分かります。

ユーグレナ関連商品をはじめとする「いわゆる健康食品」は、法律上「食品」に分類されています。
「食品」とは、その名の通り「食べ物」です。
人間が生きてゆくための栄養素を摂取するために毎日口にするものが「食品」になります。
つまりユーグレナ関連商品は食品と同じで、「栄養を摂取するために口にするもの」なのです。
決して疾患の予防や治療に特別な効果を発揮するものではありません。

疾患の予防や治療に特別な効果を発揮するもの、それこそが「医薬品」なのです。
スーパーやコンビニで普通に市販されている「第三医薬品」も存在しますが、第一医薬品、第二医薬品は薬剤師との対面販売、医師による処方などが必要になります。
病気への効果効能が認められる成分は、その効果の強さに比例して副作用のリスクが上昇するからです。

たとえばアロエヨーグルトなど「アロエ関連の食品」はかなりの数存在していますよね。
しかし、「アロエの葉皮を使用した食品」は日本に存在しません。
これはアロエの葉皮に含まれるアロインという成分に強い下剤効果があり、便秘薬などに配合される医薬品として扱われているためです。
ユーグレナの含有成分にそのような成分は確認されていませんので、医薬品として販売されている商品も存在しないのです。

つまり食品であるユーグレナ関連商品は、ただ闇雲に摂取するのではなく、栄養バランスを保つために摂取量を考えながら食生活に取り入れてこそ、健康や美容に大きく貢献してくれる商品なのです。